HyVolutionでP+Pの水素製品ポートフォリオを

2021年11月5日ヴェルターにて

パリで開催された国際貿易展示会

デジタル展示会やハイブリッド型展示会の開催が続いてきた中、10月27日から28日までパリで開催された国際的な展示会HyVolutionにて、Poppe+Potthoffは初めて出展しました。

水素に関するこの展示会は、2013年にフランスのアルビで初めて開催されました。その後、この展示会は順調に成長を遂げたこともあり、フランスの首都パリに開催地が移転。2020年には、国際的な120の出展者と訪問者2000人以上が、この展示会に参加しました。

Poppe+Potthoffは、数名のチームが現地に赴き、移動式・固定式の製品ポートフォリオ、ならびに、新たな開発やイノベーションを紹介しました。多くの人に訪れていただいたP+Pのブースの内外において、新たなコネクションを築いたり、既存のお客様との関係を深めたりしながら、P+Pがサプライヤーという存在を越えた幅広い産業分野における多様な水素アプリケーションの統合開発パートナーであるということを、改めて示すことができました。

展示会に参加した参加者はみなさん活発なムードに包まれ、各コンポーネントからタンクや燃料電池駆動部あるいは水素燃焼エンジンまでのフレキシブルなモジュール式配水システムに至るまで、革新的な製品やソリューションに大きな関心が寄せられました。様々な業界関係者との活発な意見交換を通じて、Poppe + Potthoffのお客様が直面している課題をより深く理解することができました。HyVolutionの後も、P+Pは様々なパートナーと共にさらなる開発の可能性を検討していきます。