代替駆動のテスト技術

2021年8月1日

代替駆動技術コンポーネントは、安全性と品質を確保するため、極度の条件下で広範囲にテストします。 Poppe+Potthoff機械製造社 (Poppe+Potthoff Maschinenbau) は、媒体供給用コンポーネントの強度試験用テストスタンド、e-モビリティおよび水素燃料に対応するソリューションを提供しています。

電気自動車やハイブリッド車では、冷暖房システム、燃料供給システム、その他流体回路などのコンポーネントは、極度な負荷変動に耐える必要があると同時に、非常に効率的に機能しなければなりません。Poppe+Potthoff機械製造社の圧力試験装置、温度変化試験装置、機能テストシステムにより、メーカーは最高の負荷の下で製品をテストし、正確に分析することができます。通常、テストでは、コンポーネント(バルブ、ホース、その他の媒体を供給するコンポーネントなど)を、試験スタンドのテストチャンバーに入れます。機能テストシステムの気候キャビネットでは、実際の圧力テスト・強度テスト時に周囲温度の変化をシミュレートするため、コンポーネントを-40°C〜 +160°Cでテストすることができます。圧力変化は、たとえば0.2〜5 Hz(またはそれ以上)のテスト周波数で、正弦波や台形波で自由にプログラム可能で、高速かつ経済的な圧力変化テストを可能にします。そのため、素材を組み合わせることによる弱点箇所(たとえば溶接継目の周囲)を、既に開発プロセスの段階や製造時に、特定し排除することができます。

Poppe+Potthoff機械製造社のテストシステムは、研究開発におけるH2アプリケーションや、連続生産におけるコンポーネントの検証にも使用することができます。当社の製品ポートフォリオには、圧力変化テストシステムに加え、静水圧強度、破裂圧力テスト、機能テストのソリューションもご用意しています。テストスタンドは、たとえば、シャットオフバルブ、コンテナの接続部品、フレキシブル燃料ライン、チェックバルブ、圧力レギュレーター、減圧弁、圧力逃がし弁、フローセンサー、水素漏れを検出するセンサーなど、さまざまなコンポーネントのテスト構成に使用されます。