Go To Section

[Translate to 日本語:] Trio für den Erfolg

R+W社の経営陣トリオ:フランク・クローンミュラー (左)、マキシミリアン・クレースマン (中央)、ホルガー・フォーグト (右)

成功のためのトリオ

2020年10月20日ヴェルト/ヴェルター (ドイツ)

P+Pの子会社R+W社、新経営陣の豊富な経験に期待

精密カップリングならびに産業用カップリングのスペシャリストであるR+W社で長きにわたり管理職として働いてきたマキシミリアン・クレースマン、フランク・クローンミュラー、ホルガー・フォーグトの3人が、同社の経営陣となりました。新しく本拠地となったドイツはヴェルト・アム・マインにて、革新と成功への道が開かれました。

インターナショナルなMBAの教育を受けてきた35歳のマキシミリアン・クレースマンの担当分野は、財務、IT、人事で、明確なプロセスそして従業員のノウハウとコミットメントに焦点を当てています。これは、会社の拡大を管理する上での基礎であり、雇用者としての会社の魅力がさらに増すことになるでしょう。

フランク・クローンミュラーは、R+Wで22年間、営業、マーケティング、国際展開の責任者を務めてきました。53歳で任されたこの新しい役職において、増え続けるさまざまなチャネルを通して顧客との直のコミュニケーションを強化するため、営業とマーケティングのデジタル化と自動化を更に推進していきます。

ホルガー・フォーグトは、2017年末からR+Wに務め、新本社移転を主導し3つの拠点を統合しました。エンジニアとして修士号を持つ51歳のフォーグトは現在、生産、ロジスティック、調達を管理しており、お客様に対しより良い、より速い、より効率的な対応を実現するために、無駄のないデータ駆動型のプロセス構造に力を注いでいます。