Go To Section

Common Rail Gasförmige Medien

天然ガス、バイオガス、水素用のコモンレール

気体燃料は、環境に優しいと同時に安価なため、従来のディーゼルやガソリンに代わる代替燃料です。特に、フリートオペレーターや商用車のメーカーにおいて新システムを構築する際や、既存のコモンレールエンジン改良の際も、このテクノロジーの使用が増えています。

Poppe+Potthoffは、1990年代からコモンレールサブシステムを開発してきました。複数の研究により、当社製品に使用している材料と設計は気体にも理想的で適しているということが証明されました。揮発性の高い水素を使用し、そしてたとえ25回再組み立てしたとしても、その接続箇所は精密でしっかりとした密閉が保たれ、当社の長年に渡る経験が報われる結果となっています。

Poppe+Potthoffは、北米とヨーロッパにおいて、300〜700バールのガス圧で検証したコモンレールと燃料供給ラインを提供しています。プロトタイプは全て、ドイツはヴェルターにある当社テクノロジーセンターにおいて広範囲に及ぶ試験を行い、そのデータを顧客に渡し評価が行われます。また、ハンガリーのアイカにある超近代的な当社工場において、効率的な連続生産を行うことができます。

 

P+Pと水素に関する詳細はこちらから

 

 

営業

Marcus Pini(マーカス・ピニ)
Senior Key Account Manager Common Rail Components
marcus.pini@poppe-potthoff.com
Tel.: +49 (0) 5203 91 66 324
Fax: +49 (0) 5203 91 66 100