Go To Section

Common Rail PKW

乗用車用コモンレール

Poppe+Potthoffは、自動車産業用に、自社で開した高品質なコモンレールサブシステムとディーゼルエンジン用の高圧インジェクションラインを提供しています。電子制御の高圧ディーゼル燃料噴射システム(コモンレール)の分野において、Poppe+Potthoffは、自動車有名メーカーへシステムを供給しているサプライヤーです。コモンレールの分配管とインジェクションライン用のシステムコンポーネントを、共同で設計しています。

最新の開発は、四角い形をしたPoppe+Potthoff SLIMレールです。一般的なソリューションと比較すると、最大40%以上の軽量化が可能となります。つまり、エンジンルームの軽量化に大きく貢献することができるのです。

この製品コンセプトの基礎を成しているのは、ディーゼルエンジン用の高圧パイプとインジェクションラインの開発・製造における当社の数十年に及ぶ経験です。 Poppe+Potthoffは、コモンレールソリューションの更なる継続的な開発を保証し、そして、それによって今後の圧力要件を満たすことが可能となります。Poppe+Potthoffは、その設計において、柔軟性、低コスト、開発期間の短さをご提供しています。

営業

Marcus Pini(マーカス・ピニ)
Senior Key Account Manager Common Rail Components
marcus.pini@poppe-potthoff.com
Tel.: +49 (0) 5203 91 66 324
Fax: +49 (0) 5203 91 66 100