Go To Section

Ringrohre

コイルドパイプ

一貫した表面品質の高さと一貫した公差を備えたPoppe+Potthoffコイルドパイプは、材料の形成から熱処理までを網羅する当社の経験豊富なノウハウの賜物です。

コイルドパイプは、通常の真っ直ぐなパイプの代替として、作業準備や処理時間の短縮化に貢献します。適切な材料の選定と機械的な特性で、以下のような製造において、最適な条件を提供します。

  • ディーゼル噴射および高圧ライン
  • 中空リベット
  • 液体および気体媒体供給ライン

コイル状に巻いたパイプの最初から最後まで、全長にわたって一貫した表面品質と公差を保ちます。

品質保証

Poppe+Potthoffでは、渦電流探傷試験およびリークテスト用のシステム、そして、さまざまな材料試験装置を使用しています。

梱包

Poppe+Potthoffのコイルドパイプは、木製パレットの上に乗せられた撥水コーティングが施された多層段ボール製のボックスの中に梱包されています。この梱包の価値は、海外への輸送においても証明されています。ご要望に応じて、木箱の梱包もご利用可能です。

公差

当社は標準として、Poppe+Potthoffコイルドパイプの全仕様において外径公差±0.08mmを提供しています。外径10mmまでの場合、公差を± 0.05 mmまで抑えることができ、厚み公差は±7.5%となります。