Eモビリティ用試験スタンド

特にハイブリッド車や電気自動車において、たとえば冷却システムや加熱システム等で使用される媒体を輸送する役割を担うコンポーネントは、極端な負荷の変化に耐える必要があると同時に非常に効率的に作動しなければなりません。

耐久性とエネルギー効率の試験は、テスト設備を自社開発したり実際の使用でテストを行わずとも、Poppe+Potthoff機械製造社 (Poppe+Potthoff Maschinenbau) の 圧力温度サイクル試験スタンドおよび機能試験システムをご利用いただくことで、製品を正確に分析することができます。

 

P+PとEモビリティの詳細はこちらから

 

 

圧力温度サイクル試験

Poppe+Potthoff機械製造社製のこのコンパクトな試験スタンドは、摂氏-40度~+ 140度(試験流体+人工気候チャンバを使用する場合の周囲温度)でコンポーネントの試験を行います。

温度、体積流量、圧力の変化は、例えばテスト周波数0.2~2 Hzで正弦波および台形波で自由にプログラムすることができ、高速で経済的な試験の実施が可能です。

材料を合わせたことによる弱点(例えば溶接跡の周囲など)を、開発プロセスの初期や製造中に発見し最適化することができます。

圧力変化試験スタンドについての詳細はこちらから

エネルギー効率測定のための機能テスト

電気自動車では、冷暖房ユニット、ポンプ、制御バルブなどのデバイスによりバッテリーが放電されることで、車の航続距離に悪影響となる可能性があります。

Poppe+Potthoff機械製造社 (Poppe+Potthoff Maschinenbau) の機能テストスタンドでは、たとえば圧力負荷テストの前後など、温度の変化における電気機器のエネルギー消費と性能をテストすることができ、車の耐用年数全体における効率の変化を測定することが可能です。

試験対象物は、低電圧(0~20VDC / 5A)または高電圧(0~600VDC / 150A)の電源につなぎ、車載バッテリーと発電機を使った作動やトラクションメモリのシミュレーションをすることができます。

機能試験に関する詳細はこちらから